植西 洋平  2012年入社 北海道出身

スタートからゴールまで製品と共に伴走。

 

マーケットの動向をとらえて新製品のアイデアを練り、素材の選択、調理方法、製造計画、パッケージデザインやネーミング…と、製品企画から店頭に並ぶまでのすべてのプロセスに関わる仕事をしています。

 

開発職というと研究中心のイメージがありますが、私たちの仕事では専門性だけではなく、多様な分野に精通したバランス感覚が求められます。現在担当しているのは総菜製品全般。

 

その中で和食総菜はニーズが増加している成長分野で競合も多いため、味や食感はもちろんのこと、原料や生産コストを吟味し、製造部門や営業部門と連携してマーケットでのさらなるシェア拡大を狙っています。

 

新製品をいかにしてマーケットの定番製品にまで育て上げるか。ゴールまでに超えるべきハードルは多く、決して楽な道のりではありません。だからこそ成功した時の達成感、満足感は格別です。

大学院では魚油の有効活用を研究。「学生時代に学んだ専門知識を活かしつつ、それ以外のいろんなことにもチャレンジできる。この仕事に就いて、以前より視野がぐっと広くなったと実感しています」。